スーツについて

スーツの種類と着用場面を考えましょう

スーツというと、背広と同一の洋服というイメージで語られます。
両者はほとんど同じ意味で、この洋服が日本に伝わったころに日本語訳したものが背広と言えます。
若い世代には、背広という言葉はあまり馴染まないようです。
スーツとは、本来、同じと言った意味があり、上着とズボンが同じ生地で作成されたことが由来だと言われます。
基本的に、正式な場面で着用するものであることは、古今東西、変わりはありません。
また、あまり個人的にアレンジせずに着用するのも一般的です。
種類は、シングル、ダブル、スリーピースがあります。
シングルは人や場所をあまり選びませんが、ダブルは折り重なった部分にフォーマルさと重要人物といった印象があります。
シングルよりフォーマルな印象です。
細かく言うと、礼服というカテゴリーがありますが、これは日本独自の風習と言われます。
シングル、ダブルなどの、どの様な種類であっても、黒で無地なスーツの総称と言えます。
これで、ネクタイを変えれば、結婚式でも葬式でも失礼にはあたりません。
ここは、各々の儀式に別の礼服がある、と勘違いするところですから、同じもので失礼はないと覚えておいたほうが良いでしょう。

Copyright(c) スーツ All Rights Reserved.